しりボーン
しりとりでキャラを描き連ねる「しりとりお絵かき道リボーン」
気楽に参加くださいませ。

では、ルールの説明です。
1.アニメ、マンガ、映画等で登場したキャラクターやメカでお絵かきをお願いします(実在の人物の場合、実名でのお絵かきはNGとしますが役名であればOKです。ex.アーノルド・シュワッルツネッガー→× ターミネーター→○)
2.必ず登場作品名を書いてください。
3.次に絵を描く方は、前に描かれたキャラの名前の一文字を選択ください(必ずしも末尾の文字でなくて結構です)
4.「さ」や「は」といった文字を選択された場合、濁音、半濁音もOK(「ざ」「ば」「ぱ」ですね)
5.投稿が時間差で他の人とかぶらないよう、描く直前に「描きます」と宣言してください。
6.連続投稿はお控えください。
7.すでに描かれているお題は、選択しないでください(1キャラ1回限りです)

絵の上手さやネタの新鮮さ(笑)は問いません。「お気楽」がモットーです!

*過去お題はここで確認ください http://siriman.komusou.jp/sireborn50.html

描き込み、コメント共にパスワード制とします。siriman と入力ください。

[HOME] [検 索] [削除用] [管理用]

モード: 上書き用パスワード: ウィンドウ:

サイズ: x (50 x 50) - (500 x 500)

パスワード

イラストの情報 サムネイル
[1]

過去ログ [..550] [..560] [..570]

[584] 「では皆さん、行きましょう、全国に…」
[作者検索] *アップロード画像

ある名作ファン 2015/11/4 (Wed.) 01:28:54 /125.198.36.220 /
お待たせしました〜_(--)_
つい最近続編&劇場版制作が発表された、京都アニメーションの最新作
「響け!ユーフォニアム」から、北宇治高校吹奏楽部顧問「滝昇(たき のぼる)」先生です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それなりにユーフォニアムが吹けるけど、取り立てて目標もやる気もなかった主人公、黄前久美子。
高校では吹奏楽部に入るものの、やる気のなさが蔓延する割に硬直した体制といういまいちな状況です。

そんな吹奏楽部に新任の顧問、滝昇がやってきました。
先生は口先だけ全国を目指すという吹奏楽部の演奏を聴いて、笑顔のまま「なんですか、これ」と毒を放ち、厳しい指導が始まりました。

不可能に思えた全国大会出場という夢に向け、挫折や摩擦を乗り越え、突き進んでいく北宇治高校吹奏楽部。
そしてついに、吹奏楽コンクール関西大会の幕が開きます…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

イケメンで優しそうな笑顔を湛える半面、実は極めて厳しい指導者の滝先生。
その姿は「粘着イケメン悪魔」と呼ばれるほどですが、確実に夢に向かって近づいていく感触に、部員たちの信頼も厚くなっていきます。

素敵なスマイル&きわめてキザというのは描いていて楽しいですね^^

次は「き、の、ほ、ぼ、る」
でお願いします。

■「響け!ユーフォニアム」のPVとオープニングです。
https://www.youtube.com/watch?v=r_Kk9xhVkB8

http://www.dailymotion.com/video/x2lzcwz
作品の雰囲気がわかりやすいと思います。金管楽器に反射する光の表現や完璧な作画と、音楽の絶妙のハーモニーがすごいです!

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
ばったん 2015/11/4 (Wed.) 22:07:15 /58.0.52.209 /
あるめいさん、こんばんは!
物語の紹介文を読んでいると、軽めのスポコンって感じ?ですかね。
仲間とともに前進していくというストーリーは昔からありますが、やっぱり見ていて気持ちのイイもんですよね。

それにつけても、もはやアニメの一場面といって差し支えない画質!
あるめいさんの絵には、以前からよく光が効果的に使われていますが、今回はホールでスポットに照らされている様でしょうか?とても綺麗です。

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
ほなみ 2015/11/4 (Wed.) 23:03:13 /101.1.138.1 /
ある名作ファンさん、こんばんは。

光の効果が美しくて、その場の雰囲気が感じられて
もう、これは、背景があるのと同じだと思います。

実は、私は「素敵なスマイル&きわめてキザ」と「吹奏楽」が大好きでして
ぜひ観たいです。楽しみが増えました。素敵絵を拝見できて良かったです。

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
ある名作ファン 2015/11/5 (Thurs.) 00:12:24 /125.198.36.220 /
>ばったんさん
ありがとうございます!軽め、というか、かなりマジのスポ根に近い感じですね。まさに「熱い青春」

このカットは最終話、関西大会のワンシーンが元です。京都アニメーションの特殊効果-撮影技術はものすごく光や空気感の表現が上手いので雰囲気を再現しようと頑張ってみました。なのでそう言っていただけてうれしいです〜!

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
ある名作ファン 2015/11/5 (Thurs.) 00:23:15 /125.198.36.220 /
>ほなみさん
コメントありがとうございます!
光の効果はちょっとこだわってみたのでそう言っていただけてうれしいです〜。

>「スマイル」+「吹奏楽」
そうですか!でしたらぜひともお勧めです!!劇場版に続編ということですし、この機会にぜひ!

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
ちあき 2015/11/5 (Thurs.) 00:24:37 /221.240.10.22 /
ある名作ファンさん、こんばんわ。
この作品、知らないのですが、解説から想像すると「のだめ」の千秋先輩のように俺様スパルタ指導のイケメン先生というかんじでしょうか。
ネクタイのボリュームとか、服の質感とか、着こなしてる表現が秀逸ですね。服の質感、なかなか表現するの大変ですよね。そして、笑顔…ということは、目標に近づけた証ですよね? でも、こういう先生、とっても人気があると思います。個人的には大好きですね。

「き」いただきますね。(また遅いです、ごめんなさい(^^;;)

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
ある名作ファン 2015/11/5 (Thurs.) 00:36:37 /125.198.36.220 /
>ちあきさん
>「のだめ」の千秋先輩
ちょうど千秋先輩をほなみさんが描かれていたので、このタイミングでの「た」なら…
ということで描かせていただきました^^

服の感じも本編がすごいので、再現しようと頑張ってみました。「き」楽しみにしています!

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
YUME 2015/11/5 (Thurs.) 05:10:20 /125.193.46.48 /
た、受け取って下さりありがとうございました。
以前こちらで滝沢昇くんの絵を描かせていただいたのですが、この方も名前の通り上昇志向が高そうです。
こういう光の効果、最近のアニメでは多いですね〜再現度高!

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
トン 2015/11/5 (Thurs.) 21:48:15 /59.136.239.181 /
ある名作ファンさん、こんばんは
こんなイケメン先生がどんな粘着悪魔的厳しい指導をするのか興味が湧きます^^」
汗光る笑顔、とっても素敵です。
PC前でぽーっとなってしまいました。
金管楽器に反射する光の表現…作品、見てみたいです。面白そうな作品を教えてくださりありがとうございます。

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
ある名作ファン 2015/11/7 (Sat.) 12:31:34 /125.198.36.220 /
>YUMEさん
「た」ありがとうございました!
>滝沢昇くん
今、YUMEさんのサイトで拝見しました。これは…燃えている…!!かっこいいです!

滝先生は熱そうに見えなくて熱い、というのがまた今風だなあ〜とおもいます。

>こういう光の効果、最近のアニメでは多いですね
最近は撮影効果が効いているアニメばかりになりましたね。ガラッと映像の雰囲気が変わるのが面白いので、再現しようと頑張ってみました。
なのでそう言っていただけてうれしいです|^^

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
ある名作ファン 2015/11/7 (Sat.) 12:37:07 /125.198.36.220 /
>トンさん
>汗光る笑顔、とっても素敵です。
>PC前でぽーっとなってしまいました。

あ、ありがとうございます〜!_(--)_
トンさんに見とれていただけるとは…。
先生、感情はほとんど高ぶらせないのですが、ハードルが無茶苦茶高くて怖い人なのです…。
映像も音楽もストーリーも素敵な作品、この機会にぜひぜひ!

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
lim 2015/11/8 (Sun.) 10:37:10 /219.196.236.26 /
ある名作ファンさん、こんにちは。
可愛い女の子キャラも良いですが男前も良いですね。pixivでこのイラストの下書きが公開されていますがラフの状態から完成度が高いのが驚きです。仕上げも奇麗ですね。 小学校の音楽の先生が厳しい人で、ドラムのステック、木琴のバチ、足踏みオルガンのスウェルなんかで殴られました。オレの頭は楽器じゃないっての。もっとも授業中に遊んでいるこっちが悪いんですけどね(笑)。

Re:「では皆さん、行きましょう、全国に…」
ある名作ファン 2015/11/17 (Tue.) 23:44:38 /125.198.36.220 /
>limさん
お返事遅れすみません…

>可愛い女の子キャラも良いですが男前も良いですね
YUMEさん宅PBBSでレミゼのアンジョルラスをイケメンに描こうと頑張ったら、男前もいいなあと思うようになりました^^

>ラフの状態から完成度が高いのが驚きです
模写ベースなのとm元が超上手いから、という所はあるのですが、そう言っていただけて恐縮です。

しかしスティックですか(笑)何となく情景が想像できました^^;

[上書き] [コメント]

[597] ヴィタリス一座の名役者
[作者検索] *アップロード画像

ある名作ファン 2016/1/3 (Sun.) 22:35:07 /125.198.36.220 /
皆さま、明けましておめでとうございます!
旧年中は大変お世話になりました。(ご無沙汰することも多くすみません…)
今年もよろしくお願いいたします。

今年の干支「申(さる)」にちなんで、世界名作劇場「家なき子レミ」より猿のジョリクールを連れてきました。
(本イラストは年賀イラストのカット版です…完全版はPixivに…)

〜〜お話〜〜
フランス中部の小さな村、シャバノン村
レミ(原作&出崎版アニメだと少年、名劇版だと少女)は母とつつましくも楽しい暮らしをしていましたが、その家の主人の事故から自分が捨て子であることを知ります。

主人に追い出され、人買いに売られそうになったレミを救ったのは、旅芸人のヴィタリス一座でした。
バイオリンの名手で誇り高い老人ヴィタリスさんと、猿のジョリクール、犬のカピ、ゼルビーノ、ドルチェ。
辛くも楽しい旅を続ける一座ですが、冬の目的地パリを目前にしながら、雪山で悲劇が襲いかかります…
〜〜ここまで〜〜

※ここよりネタバレ注意


ジョリクールは原作では雪山越えで肺炎にかかり命を落としそのまま登場しないのですが、
出崎版アニメではその後、サーカスでそっくりの猿をもらい「2代目ジョリクール」として活躍、
世界名作劇場版では肺炎が直って生き延びます。

アニメ版ではどちらでも、いろいろあってジョリクールは最後まで出てきているのですが、
猿は珍しいキャラで絵にもなりますし、小さな猿なので主人公と絡ませやすく
(キャラのバストショットに入れたり、キャラに独白させたり、
いたずらやアクションの手伝いetcetc)
演出の幅が広がるからかなあ…と思っています。

次は「よ、り、く、る」からお願いします。

Re:ヴィタリス一座の名役者
ばったん 2016/1/4 (Mon.) 22:26:07 /220.146.110.90 /
あるめいさん、こんばんは!
雪山越えで命を落とすとは、ホントに悲しい設定です。
自分はこういう場面に弱いですよ(-_-;)
絵では春のような場面で、かわいらしいジョリクールなので楽しく見ることができます。

Bonne Anneeが、とても気になったので調べてみました。
フランス語で新年の挨拶だったんですね!

Re:ヴィタリス一座の名役者
クリスタル 2016/1/6 (Wed.) 17:32:29 /122.22.170.217 /
ある名作ファンさん、こんばんは。
今年もよろしくお願い致します。
「家なき子レミ」は観ていなかったので、一部動画を視聴し、テーマ曲を聴きましたが、もうそれだけで泣けました。
このジョリクールは顔立ちや手が人間のようで、表情がとても豊かですね。
明るい背景と色使いに、可愛く楽しげな二人。ポーズや位置関係のバランスが絶妙で、構図が素晴らしいと思います。
新年にふさわしい希望を感じさせるイラストをありがとうございます。

Re:ヴィタリス一座の名役者
ほなみ 2016/1/6 (Wed.) 23:04:01 /183.176.13.23 /
ある名作ファンさん、こんばんは。今年もよろしくお願いします。

さわやかで美しい風景、猿と笑顔の少女、年賀絵にピッタリだと思います。
名劇は、主人公と動物が一緒に居ることが多いですよね。
動物がいろいろ演技してくれて癒されることも度々。

Re:ヴィタリス一座の名役者
ある名作ファン 2016/1/20 (Wed.) 00:36:35 /125.198.36.220 /
皆様、コメントありがとうございます!
お返事が遅れすみません_(--)_

>ばったんさん
>Bonne Annee、フランス語で新年
を〜気づいてくださってうれしいです。せっかくフランスが舞台なので取り込んでみました。

>クリスタルさん
今年もよろしくお願いいたします。
動画を見てくださったんですね。
テーマ曲からももう悲壮な感じが伝わってくる作品です…。
構図はちょっと凝ってみたので、そう言っていただけると励みになります。
コメント、本当にありがとうございます!

>ほなみさん
今年もよろしくお願いいたします。
動物は名劇の名脇役ですよね。、
動きもかわいく、つらい物語の清涼剤になります^^

Re:ヴィタリス一座の名役者
クリスタル 2016/1/22 (Fri.) 18:20:14 /122.22.170.217 /
こんばんは。「く」を描かせていただきます。

[上書き] [コメント]

[600] アリス・カータレット
[作者検索] *アップロード画像

ある名作ファン 2016/3/19 (Sat.) 02:07:12 /125.198.36.220 /
皆様、本当に遅くなってしまって申し訳ありません><

「あ」ということで、「きんいろモザイク」から、主人公の一人アリス・カータレットを描いてみました!

中学時代にイギリス、コッツウェルズにホームステイした忍(シノ)。言葉は通じないながら、シノとホームステイ先の女の子、アリスはすっかり友達になりました。

そして時が過ぎ、高校になったシノ、そして友達の小路綾、猪熊陽子の前に、なんとアリスが転入してきました!
アリスを追ってきた英日ハーフのカレンとともに、5人の楽しいキラキラの日々が描かれます。

どこまでも純粋なアリス(中央)、アリスが大好き(たまに行き過ぎるし天然だけど)なシノ(左中央)、しっかり者で乙女チック、でもちょっとドジな綾(右中央)、どこまでも気さくで快活な陽子(右)、元気でマイペースなカレン(左)。

美しい音楽と背景、かわいいキャラクターに優しい物語。
とても癒される作品です〜。

こちらで1話が無料公開されていますので、ぜひご覧ください。
http://ch.nicovideo.jp/kinmosa
(最初はコメントオフを推奨します。
「吹き出し」マークをクリックし「×」印になるとコメントが消えます↑)

次は
「り、す、か、た、れ、つ、と」
からお願いします。

Re:アリス・カータレット
ばったん 2016/3/19 (Sat.) 23:21:45 /60.122.165.62 /
あるめいさん、こんばんは!
お待ちしてました!
細かな描きこみ、いつもながら素敵です!
キャラもそっくりに描けていて、作品への思いの深さが伝わってくるようです。

1話見てみました。ほのぼの系ですねぇ。
ホント、癒されましたね。

Re:アリス・カータレット
lim 2016/3/21 (Mon.) 10:08:45 /219.196.236.14 /
こんにちは。今回もバランスのとれた端正な作品、素晴らしいです。
随分、細身だなぁと思ったらオリジナルはさらにスレンダーなんですね。
1話を拝見するに「このままイギリス編で良いじゃん!」と思いましたが、
それだとは『異国迷路のクロワーゼ』みたいになっちゃうからダメか(笑)。

Re:アリス・カータレット
ある名作ファン 2016/3/22 (Tue.) 00:02:55 /125.198.36.220 /
>ばったんさん
コメントありがとうございます!本当にお待たせしました…。
今回は大好きな作品のメインキャラ、ということで、特に力を入れてみました!

第1話、言葉が通じないながら「ハロー!ハロー!」「コニチハ!!」と互いの心を通わせる二人がかわいかったですよね〜^^
この後の日常シーンも笑いあり温かい感動ありのいいお話なのです〜^^

何とか完成できてほんとよかったです〜。

イギリス編は「名作劇場風」
ある名作ファン 2016/3/22 (Tue.) 00:48:45 /125.198.36.220 /
>limさん
嬉しいコメントありがとうございます!!
>随分、細身だなぁと思ったら
確かに結構みんな細身かもしれません.。右の陽子はスポーツが好きで結構肉付きがいい方ですが、みんな色気があまりないのがこの作風にマッチしているなと思います。

>イギリス編
なんと原作の4コマ中3コマがあのイギリス編という…。監督すごいですね…。
ストーリー構成の方はアニメのガイドブックのコメントでイギリス編について「世界名作劇場をつくる!という強い意志で」
とコメントされていましたし、
名劇は無くなって長くなりますが、あのイメージというのはすごくしっかり残っているんだなと思いました。

(「名作劇場チックに」というコメントは他のアニメでも見た気がしますが、コメディでも締めたいところでさっとああいう雰囲気を出せるのを見ると、最近のアニメの演出力、演技力のレベルアップはすさまじいなあと感じます…。)

Re:アリス・カータレット
ばったん 2016/3/26 (Sat.) 21:31:57 /60.122.165.62 /
では、「つ」いただきます。

Re:アリス・カータレット
ほなみ 2016/3/29 (Tue.) 21:37:23 /183.176.13.23 /
こんばんは。

みんな元気いっぱいで画面から飛び出してきそうです。良い表情してますね。

コスチュームは、制服をベースにして、それぞれが、おしゃれを
楽しんでいる様子がうかがえる細かい描写が素晴らしいです。

[上書き] [コメント]

[Sponsored Link]

[OekakiBBS.com配信広告]

[609] ミルドレッド・プリムソン
[作者検索] *アップロード画像

ある名作ファン 2016/9/5 (Mon.) 01:14:57 /27.84.176.127 /
完成しました!
世界名作劇場「こんにちはアン」から、
ミルドレッド(右)とアンです。

ミルドレッドは村のお金持ち。孤児でトーマス家に引き取られ家事三昧のアンとは大違いですが、冷たく厳しい家庭、そして富にモノを言わせないと維持できない友情から孤独感にいつもさいなまれていました。
そして孤児でもいろいろな才能があるアンにジェラシーを感じ、意地悪をしていたのですが…。
ある時、家の体面のためみんなも行くアンの手作り「お茶会」に行きたくても行けなかっミルドレッド。
ダメもとで雨の中行った林では、アンがじっと待っていたのです。


ミル:「バカみたい…今まであんなに意地悪してたのに、なんでそんなふうに笑えるの…
ほんとはアンが大好きだった!友達になりたかったのよ!わあ〜〜っ(泣く)
アン、ミルドレッドをじっと見ている。
ミル:「…何か言って…いつも止まらないくらいしゃべるくせに…」
アン:「とても嬉しくて、言葉が出てこないの。」
ミル:「ねえアン、お願いがあるの。私今まで誰とも手をつないだことがないの…だから…」

(19話より 検索すると出てきます(^^;)

「こんにちはアン」は「赤毛のアン」エピソードゼロ、的な作品ですが、それだけだとただつらいだけなので、こういう心温まるエピソードも挿入されています。

アン本編と違う、と目くじらを立てる人もいますが、単にこれ自体を一つの作品としてみればまさに名劇の王道の感動的な作品で、結構お勧めです〜!

次はる、と、れ、ふ、り、む、そ &濁点
でお願いします!

Re:ミルドレッド・プリムソン
ある名作ファン 2016/9/5 (Mon.) 01:32:16 /27.84.176.127 /
PS:縮小でつぶれてしまったのでBBSに拡大版をUpさせていただきました_(--)_

夏は忙しくて本当に久々のイラスト、ということで模写でリハビリという感じですが、
今後ともよろしくお願いいたします〜〜

Re:ミルドレッド・プリムソン
ばったん 2016/9/5 (Mon.) 21:19:46 /60.122.165.62 /
あるめいさん、こんばんは!
ん〜、確かに王道の展開。
セリフも泣かせますね〜

自分も夏は忙しかったのと、気分的にちょっとノリ切れないことが重なっていたので
イラストを描いていませんでしたよ。
こちらもリハビリしなきゃ!

絵の感想は・・・拡大版のほうで(^^ゞ

Re:ミルドレッド・プリムソン
YUME 2016/9/6 (Tue.) 03:59:33 /122.133.122.192 /
ある名作ファンさんらしい感動場面チョイスですね。
ミルドレッドの表情がとても良いです!
背景の書き込みもいい感じで、ちびアンまた会いたいと思いました。
拡大版の方も拝見しましたが、印刷にも使えそうな大きさでした^^

Re:ミルドレッド・プリムソン
ある名作ファン 2016/9/16 (Fri.) 00:32:21 /27.84.176.127 /
ばったんさん、YUMEさん、コメントありがとうございます!!

>ばったんさん
まさに王道、ですよね!
名劇脳なので、こういう卑怯なシチュにすごく弱いです〜(^^)
拡大版も見てくださって本当にありがとうございます!!
ばったんさんの素敵イラストもまた拝見したいです!

>YUMEさん
私らしい…確かにこのシーンは大好きで、これまで何回か描いたことがあります。
ミルドレットの繊細な表情や背景の雨の感じは特にこだわったところだったので、そう言っていただけて本当に嬉しいです!

拡大版も見ていただき、もったいないお言葉もたくさんいただけて恐縮です。
本当にありがとうございます!

Re:ミルドレッド・プリムソン
ほなみ 2016/10/6 (Thurs.) 21:15:22 /115.30.212.240 /
ある名作ファンさん、ご無沙汰しております。

相変わらずのきれいな線画と塗りが素晴らしいです。
おそるおそる手を差し出すミルドレッドと、すでに心から受け入れているかのような
アンと、ふたりの表情の対比が良いですね。こういう場面は私も弱いです。

それでは「と」でいってみます。描けるかなあ…

Re:ミルドレッド・プリムソン
ある名作ファン 2017/2/19 (Sun.) 10:46:29 /27.84.176.127 /
>ほなみさん
本当に遅いお返事ですみません_(--)_
>おそるおそる手を差し出すミルドレッドと、すでに心から受け入れているかのようなアンと

まさにそれが描きたかったのでうれしいです!「と」受け取っていただいてありがとうございます!

[上書き] [コメント]

[621] 迫る運命の時
[作者検索] *アップロード画像

ある名作ファン 2017/5/4 (Thurs.) 02:04:17 /27.84.176.127 /
「く」をいただきまして、
まだロングラン上映が続く映画『この世界の片隅に』より、
黒村晴美(くろむらはるみ)ちゃん(左)です。(右は主人公、北条すずさん)

〜〜〜あらすじ〜〜〜

広島に生まれたすずさんは、昭和19年、いきなりの申し出で呉にお嫁に行くことに。生来のおっとりした性格から起こるちょっとしたハプニングが、空襲の足音迫る生活の中にも笑いを生みます。
そんなすずさんに、義姉の桂子の娘、晴美ちゃんも懐き、港を見たり、遊んだり、晴美ちゃんとの日々、そして特技の絵は、すずさんの世界の支えでした。

(ここよりネタバレ注意)

しかし昭和20年6月、すずの義父、円太郎を見舞った帰り、大空襲が呉を襲います。
防空壕で難を逃れた二人の帰り道の右側に、塀を壊した小さなクレーターがありました。
脳裏によぎる、常会の話…時限爆弾!

「危ない!晴美ちゃん!」
その瞬間、すずの視界は真っ暗になってしまいました。せめて…溝があったら、晴美ちゃんが反対側だったら…
意識を取り戻したとき、そこには晴美も、晴美とつなぎ、絵を描いた右腕も、失われていました。

〜〜〜おわり〜〜〜

『この世界の片隅に』監督、片渕須直さんの圧倒的資料収集、構成力により、戦前〜戦中の日常が丹念に描かれ、時に笑い、時に困難を前にしても日常生活を続けなければならない普通の人々と、そこに日常として徐々に浸透し、ついには牙をむく戦争を描いた名作です。

昨今国際的にも国内にもきな臭い話がいろいろありますが、日常の延長としての戦争というリアリティは、
いろんなことを感じ、考えさせてくれる作品だと思います。

Re:迫る運命の時
ある名作ファン 2017/5/4 (Thurs.) 02:08:13 /27.84.176.127 /
つぎは「ろ」「む」「ら」「は」「る」「み」の中からお願いします!

Re:迫る運命の時
ほなみ [Home Page] 2017/5/4 (Thurs.) 16:49:35 /115.30.229.241 /
この後に、そんな悲惨な光景になってしまうなんて命や大切な物を奪っていく戦争が憎いです。
ほのぼのした癒されるような絵柄とは対照的に、戦時下に生きる人々の悲劇も描かれていたのですね。

可愛い晴美ちゃんと難を逃れて一安心といった表情のすずさんと美しい背景が
素敵な絵なのに、後に起こることを想うと複雑な気持ちになります。

Re:迫る運命の時
lim 2017/5/5 (Fri.) 19:39:44 /219.196.236.9 /
こんばんは。本作はまだ未見ですが、広報の写真等と比べてみても特長を良く捉えていますね。穏やかな日常を描く事で戦争の悲惨さを浮き彫りに出来るものです。その後のすずさんはきっと左手で絵を描き始めると思います。

Re:迫る運命の時
ばったん 2017/5/5 (Fri.) 22:04:12 /60.122.165.62 /
こんばんは!
自分も当作品は未見です。
戦争って、今の自分にとっては
親からの話や、映像の中だけだったりします。
ややもすると、忘れ去りそうになる過去ですので、
こうした作品になることでメッセージを残していくということが大事なんでしょうね。

あるめいさんの描いたようなキャラで
こういう話だと、よけいに堪えそうです。

Re:迫る運命の時
ばったん 2017/5/6 (Sat.) 15:43:59 /60.122.165.62 /
では「は」いただきます。

Re:迫る運命の時
ある名作ファン 2017/5/13 (Sat.) 23:29:02 /114.164.146.253 /
コメントありがとうございます!

>ほなみさん
ありがとうございます。絵ではほのぼの、知っている人には「逃げて!!」になるようなシーンを…と頭をひねったので嬉しいです。

>limさん
ありがとうございます。
「うしろの正面だあれ」もそうですが、この絵柄で、ぼーっとおっとりしたすずさんの日常が描かれるだけに、ここのショックは本当にすごいです…。
仰る通り、すずさんの未来は左手にあるのでしょう。

>ばったんさん
本当にその通りで、いきなり「火垂るの墓」では現在と地続きではないどこかの話みたいになってしまいます。
その点この作品はじっくり、すずさんの一生に寄り添った後、その日常が破壊される構成なので本当に実感がわきます。

戦争は遠い過去のことでしょうか?それとも私たちの日常はいつかこんな風に破壊されてしまうのでしょうか。
自然災害と違って、戦争は私たちが決めた未来の先にあります。いつまでも平和が続くよう努力し、願っていきたいものです。

[上書き] [コメント]


[1]

[HOME] [検 索] [削除用] [管理用]

[ ]


OekakiBBS ver.2.83 (C)OekakiBBS.com, All rights reserved.